HOME>特集>どのような理由で検討するのがおすすめなのか

エネルギーを効率的に使える

給湯器

蓄電地を導入すると、電気エネルギーを無駄なく効率的に利用できます。例えば深夜の安い電力を使って電気を蓄えておき、昼間に利用すると安上がりです。太陽光発電と組み合わせると更に魅力的で、売電量を増やすことも不可能ではありません。太陽光パネルは昼間に発電するので、蓄電地に夜に保存していた分を使い、発電分は売ることができるわけです。もちろん昼間作った電気を、夜の使用に回すことも可能です。特に群馬県は夏の暑さが厳しいため、蓄電地を上手に活用すると電気代の節約に役立ちます。

いざと言う時の停電対策に

給湯器

特に大規模災害が起こった時、エネルギー状況のひっ迫は懸念材料です。電気がすべて停止する上に、石油燃料も購入が極めて困難になります。群馬はこれまでも大雨で大規模停電したり、今後の南海トラフでも被害が予想されたりしているため、万が一の備えは大切です。特に群馬は夏の暑さと冬の過酷さは全国的に見ても群を抜きますから、転ばぬ先の杖として検討したい部分。蓄電地があればしばらくは急場をしのげます。特に気温変化に弱いお子さんや高齢者、ペットがいる家庭では前向きに検討してみましょう。そうでなくても、災害時にはTVを見たりスマホを充電したりするのが難しくなるため、蓄電地は有用です。

広告募集中